個人投資

自分の資質を知る

投資を行う上で意外と大事になってくるのは自分の資質性格を把握するということですよね。

自分自身の気質や資質の短所を長所をしっかり把握していると「自分はこうだから!」という強みとして自分の性格を生かすことができるようになります。

自分の資質を知っていた方が毎日の生活自体も楽になりますし、大切な判断が必要な場面も間違った判断をせずに最適な判断で行動することができるようになるものです。

だから、投資だけに限らず是非身につけておきたいスキルでもあるのでぜひ「投資に向いている性格の自分」に出会える様に自身の性格の中での新たな再発見をしてみて下さいね♪

 

個人投資家にとって大事なこと

 

個人投資家にとって大事なことは自分の弱みを知ることです。強みが本質的に変わらないように持ち合わせた弱みも変わりません。

自分の弱みというものはなかなか変えられないものです。惜しい帰るとしてもかなり時間と労力がかかってしまいます。

だからこそ最初から苦手なことはしないようにすればいいので不向きなところをうまく避けるようにしていくことが大事です。

 

相場で生き残る為に必要な弱者の戦略

 

相場とはまさに弱肉強食の世界です。そういう厳しい世界の中に身を置くのが個人投資家であり、すべての投資家に共通することです。

そのような過酷な相場の中でトータルで勝っていくためには、パートナーなどと一緒にチームの力で判断することができるようにしていくのも個人投資家としての手段です。

「自分には持ち合わせていない部分の論理的思考」をコミュニティーや勉強会などで知り合ったりすると、更に現実的な投資判断をすることができるようにもなってくるものです。

その上で自動売買するなどを使い自分の弱みとなる部分を克服するなどの策をとりながら個人投資家として生き残る自己ルールを作っていきましょう!

 

投資に向いている性格

 

感情的な判断をするタイプの人間よりも論理的な分析ができて冷静な判断ができるタイプの人間のほうが投資家タイプの性格といえます。

感情で行動するタイプの性格でも、 自分が性格を分かった上で投資に向き合うのとでは、結果は天と地ほどの差があるものです。

性格を踏まえた上で冷静に判断ができる 工夫してみましょう。

 

性格はどうやって決まる?

 

人間誰しも今の自分にたどり着くまでには資質や才能の他に経験というモノが組み合わさり今の資質が出来上がっているものです。

当たり前すぎることですが自分のことをしっかりと理解するということは大事なことなので自分自身の生い立ちや経験からどのような性格になっているのかを見つめ直してみてはいかがでしょうか。

 

自分の資質を知ることで有利になること

 

  • 投資でつまずくリスクを減らせれる
  • 投資のセミナーや勉強会なのでパートナー選びなのでの失敗確率が減少する
  • 自分に向いている投資スタイルにシフトすることができる

 

自分の資質を知ることで「どのように過ごしてパフォーマンスを出せるのか?」「どのような投資スタイルが向いているのか?」「相場にどのように接するべきなのか?」といった答えも導き出せるようになります。

行ってみたいと思う投資が必ず自分に向いているとは限りません。もしかしたら自分の強みが活かせずどんなに頑張っても成功しない可能性すらあります。

あなた自身の中での投資のスタイル、投資をする上での基本ルールを作っていく上でも大事なことでもあるので参考にしてみてください。

まとめ

 

自己分析をすることによって、投資に必要な分析もできるようになってきます。

なぜなら、すでに自分の資質を知っているので自己理解ができているから最良な投資判断が必要なケースでも適切に判断できてしまうからです。

自分はストレスに弱い人間だから投資に向いていない!と嘆く方もいますが、最初からストレスに強い人なんていませんし、今日今からプレッシャーとうまく付き合える自分に出会えるように自分自身を分析していけば良いだけです。

チャレンジすることが悪いことではありませんが限られた時間の中でベストな判断を下せるようにしていかないといけません。

まだ自分の投資スタイルが決まっていない初心者の方は特にしっかりと見つめ直して相場と紳士に向き合うようにチャレンジしてみて下さいね!