仮想通貨投資

仮想通貨のブロックチェーンとは?猿でもわかる仕組み・技術や将来性!

仮想通貨に興味を持ったら必ずと言っていいほど耳にする「ブロックチェーン」ですが、何となくしかわからない、という方もいるのではないでしょうか。

ブロックチェーンについて知れば、もっと仮想通貨の基軸でもあるビットコインに詳しくなるかと思います。

今回は、ブロックチェーンの基礎知識として仕組みや技術、将来性についてご紹介していきたいと思います。

仕組みや技術を知ることによって、今後の将来性や値動きを予想することができますのでぜひ参考にしてみてくださいね♪

 

仮想通貨FXの取引手数料が安い取引所!

>>BYBIT

>>FXGT

仮想通貨ブロックチェーンの仕組みと特徴

ブロックチェーンは「分散型台帳」とも呼ばれ、ネットワークの参加者全員で取引履歴を共有することができます。

従来のネットワークは中央集権型であったため、第三者機関がすべて管理されていましたが、ブロックチェーンはそれぞれが管理する分散型になります。

取引を記録した箱(ブロック)が鎖状(チェーン)に繋がっていることから、データを改ざんすることができないため安全に記録することが可能です。

もし不正やエラーが起きたとしても、どこかは稼働し続けているから結果的に全体に影響が出ることはないのです。

 

ブロックチェーンのメリットとデメリット

安全に記録することができるブロックチェーンにもメリットもあればデメリットも存在します。詳しく見ていきましょう!

ブロックチェーンのメリット

  • システムダウンがしにくい
  • セキュリティ性が高い
  • 取引内容の透明性が高い

ブロックチェーンはデータが一箇所に集まらないためシステムダウンしずらいという大きな特徴があります。

また、取引内容に不正がないか事前に確認する作業があり、複数のネットワークで同じデータを管理するため改ざんされにくいことからセキュリティが高いと言えるのです。

すべてをコントロールするサーバーが存在しないため、システムに掛かるコストを削減することができることも魅力の一つですね♪

 

ブロックチェーンのデメリット

  • 削除や修正ができない
  • 処理に時間がかかる
  • データが増え続けてしまう

改ざんできない強固なセキュリティ面を持っている反面、削除や修正をしたくてもできないというデメリットがあります。

また、決済処理に時間がかかってしまうため、どうしたらスピードを早めることができるのか大きな課題となっています。

 

ブロックチェーンの活用事例

ブロックチェーンは仮想通貨の世界だけのものではありません。他の分野でも取り入られていることも多く、今後も増えてくることでしょう。

ソフトバンクやデンソー、ソニーなど私達が知っている企業も導入していることから、幅の広い応用性の高さに魅力を感じます。

ブロックチェーンは改ざんが難しいというメリットを生かし、著作権や資産の管理に活用されたり、本人証明にも向いている技術です。

今後仮想通貨に留まらずあらゆる分野で応用されれば、社会基盤を担う欠かせないシステムになるかもしれませんね。

まとめ

今回は、ブロックチェーンの仕組みやメリット・デメリット、活用事例まで解説してきました。

ブロックチェーンは仮想通貨だけではなく、様々な企業も導入していたり導入しようと検討していたりという状況が現状です。

「ブロックチェーンのメリット・デメリット」で解説したように、まだまだ改善しなければならない課題もあります。

その課題が解決できれば、今後の様々な方面から活用できるようになるため、将来性や期待度が高まりますね♪これからが楽しみです!

ブロックチェーンと切っても切り離せないビットコインについては「日本人向けのビットコインの稼ぎ方や買い方」を参考にしてくださいね♪