仮想通貨投資

デジタル法定通貨とは?仮想通貨と電子マネーの違いやメリットデメリット

近年、現金を持たず買い物をしている方たちを見かけます。その背景にはデジタル通貨の普及に関係があるのです。

デジタル通貨や法定通貨など聞いたことがあるけど、何となくしか知らないという方も多いのではないでしょうか。

今回は、私達の生活に欠かせない存在になる可能性が大いにあるデジタル通貨の詳細や種類について解説していきたいと思います。

 

仮想通貨FXの取引手数料が安い取引所!

>>BYBIT

>>FXGT

法定・デジタル通貨とは?

  • 法定通貨・・・日本円やアメリカドルのように法律によって定められた通貨のこと
  • デジタル通貨・・・電子マネー・仮想通貨・CBDC(中央銀行が発行するデジタル通貨)のこと

簡単に言ってしまえば、法定通貨は私達が実際に持っている、千円や1万円といったお札や100円玉のような硬貨のことです。

デジタル通貨は、デジタルと名前が付いているようにお札や硬貨などの形態は持たず、ネット上で管理されている通貨ということになります。

 

電子マネー・仮想通貨・CBDCの違い

電子マネーと仮想通貨、CBDCの違いについては以下の通りです。

電子マネー 法定通貨を基準としてデジタル化した前払い手段のもの
仮想通貨 法定通貨を基準としない通貨
CBDC 中央銀行が発行する法定通貨をデジタル化したもの

ざっくりと分けましたので、詳しく見ていきましょう!

電子マネーの特徴

電子マネーは、お札や硬貨といったような形態は持ちませんが、現金と同じように物を買ったりすることができます。

具体的にはSuicaやPASMOといった電車などで利用できる「交通系電子マネー」や、WAONやnanacoといった発行店舗で利用することでポイント還元を受けることができる「流通系電子マネー」があります。

また、idやQUICPayのような幅広く使える「クレジットカード系電子マネー」も人気です。

電子マネーのほとんどは、使う前にチャージしておくプリペイド型になります。事前に使うお金を入れておく方式のためうっかり使いすぎる方におすすめです。

 

仮想通貨の特徴

仮想通貨は電子マネーのように国からの規制を受けておらず、需要と供給のバランスによって価値が決まります。

法定通貨は経済状況によって発行枚数を変更することができますが、仮想通貨は価値が保てるように発行上限枚数が設定されています。

代表的なのは「ビットコイン」です。ビットコインは発行上限枚数が2,100万枚に設定されており、時価総額が最も高い通貨となります。

ビットコインを含む仮想通貨は、価格変動が大きいため大きな利益を得られることがあります。また、365日24時間いつでも取引できるのも魅力の一つです。

 

CBDCの特徴

CBDCは「中央銀行発行デジタル通貨」と呼ばれ、中央銀行が発行していますがお札や硬貨といった形態を持たない通貨となります。

世界中で注目を集めており、導入されることになれば様々な方面から電子決済が可能となることかと思います。

手数料もかからず振込手続きもスピーディにできる、さらに国が管理しているということから安心感もありますね。今後に期待です♪

 

電子マネー・仮想通貨・CBDCのメリットとデメリット

電子マネー・仮想通貨・CBDCのメリットとデメリットをまとめてみました!

メリット デメリット
電子マネー
  • 支払いが早い
  • ポイントが貯められる
  • 現金を持ち歩かなくて良い
  • 事前にチャージしておかないといけない
  • 利用限度額が比較的低い
仮想通貨
  • 素早く海外送金可能
  • 手数料が安い
  • 少額から投資できる
  • いつでも取引できる
  • 値動きが激しい
  • ハッキングのリスクが少なからずある
CBDC
  • 銀行口座がなくても決済サービスを受けられる
  • 納税などの手続きが簡単になる
  • システムを整備するコストがかかる
  • 高度なセキュリティ技術が必要

電子マネーは現在手軽に利用されている方も多いのではないでしょうか。現金を持たなくても支払いができてポイントも還元してくれる私達にとっては非常に便利ですね。

また最近では仮想通貨投資を行っている日本人が年々増えています。実際、投資で生計を立てている方もたくさんいるのが現状です。

仮想通貨投資の経験がない方にとっては不安な点も多いかもしれませんが、最先端の技術により安全面も高く億万長者も夢じゃありません。

500円程度からでも始められますよ♪詳しくは「日本人向けのビットコインの稼ぎ方」を参考にしてください♪

まとめ

今回は「デジタル通貨の種類やメリット・デメリット」について解説してきました。

これまでご紹介したようにデジタル通貨は決算手段として便利で欠かせない存在になる将来性を持っています。

これからどのように発展するのか楽しみですね!