個人投資

【租税回避をわかりやすく】タックスヘイブンの仕組みと一覧まとめ

税金大国でもある日本にいると税の免税いや租税回避ができるタックスヘイブンはすごく気になりますよね!

世界中で話題になったパナマ文書でも有名になったタックスヘイブンですが世界中の企業だけでなく富裕層もタックスヘイブンに資産を移すようになっています。

「バハマ」や「バージン諸島」「ケイマン諸島」「ドバイ」なども含めて居住地としても魅力的です!

今回は、富裕層にとってメリットの大きい「タックスヘイブンの仕組み」や「タックスヘイブンの一覧」「タックスヘイブンをわかりやすくした解説」などを含めてお伝えしていきたいと思います。

各成分のメリットもデメリットも含めて把握してくださいね。

 

タックスヘイブンとは?をわかりやすく解説

 

タックスヘイブンはその名の通り税金を回避することができる地域のことです。

法人税や所得税が免税であったり利子配当に対する税金なども極めて低い地域のことを指します。

タックスヘイブンでは世界中の富裕層が税金対策のために集まってくるので富裕層から見れば税金天国と呼ばれる意味もお分かりかと思います。

2016年に大問題になった「パナマ文章」でもタックスヘイブンの日本人利用も記録されていて439人もの個人や企業の名前が確認されました。

その日本関連の個人法人について日本の国際生当局が調査を行って結果所得税等で総額31億円もの巨額の申告漏れが見つかったと報じられました。

 

タックスヘイブンの仕組み

 

タックスヘイブンの仕組みは、タックスヘイブンに法人や子会社などを設立して納税すれば低い税率を利用して節税することができる仕組みとなります。

タックスヘイブンを利用することで利益を残しやすくなる事で資産をコントロールしやすくなります。

このタックスヘイブンの仕組みを利用して、世界中の企業や富裕層政治家などがタックスヘイブンに利益を移転させているのです。

 

タックスヘイブンのメリット

日本では実効税率で30%を切るのがやっとである現状を踏まえると企業がタックスヘイブンを使って節税を考えるとこの30%が利益になってくることになります。

例えば1億円の利益の中での本来払わなければならない税金3千万円を払う必要がなくなるのですから他に回すことが出来る資金が増えますよね。

資産家や企業などが、タックスヘイブンに資産を移し本来支払うはずであった資金などを利用してさらに資産を作るものへ投資したりする選択肢が増えると言うのは最大のメリットといえます。

 

タックスヘイブンのデメリット

タックスヘイブンでは合法的に資産を移すと言うメリットがありますが、反社会的な組織のマネーロンダリングの温存地にもなり得ます。

その他にも世界的企業がタックスヘイブン地域で税金逃れをしていると言うことを知るとその企業のブランドイメージの悪化などにもつながります。

その他にも企業が沢成分に拠点をおけば本来莫大な税収を得られるはずだった国家にとっても税収減となってしまいます。

企業や富裕層がタックスヘイブンに資産を移すことで国際的に財政が悪化している国が存在しているのも事実なのであります。

一番深刻な問題になるのが、タックスヘイブンを利用した税金逃れにより富裕層が税金を逃れることで低所得者層に税金負担のしわ寄せが大きくのしかかっていることです。

 

タックスヘイブン一覧

 

  • アメリカ領サモア
  • バーレーン
  • バルバドス
  • グレナダ
  • グアム
  • 韓国
  • マカオ
  • マーシャル諸島
  • モンゴル
  • ナミビア
  • パラオ
  • パナマ
  • セントルシア
  • サモア
  • トリニダード・トバゴ
  • チュニジア
  • アラブ首長国連邦

(※EUが名指しでタックスヘイブンとして発表したブラックリスト国です。)

まとめ

 

今回はタックスヘイブンの仕組みやタックスヘイブンの一覧等についてお伝えしてきました。

タックスヘイブンはメリットばかりだからと安易に動くと要件等が満たないケースもあるので注意が必要です。

秘匿性が高い地域であるがゆえに違法な税金逃れをしていることが発覚した場合には追徴課税などの厳しい制裁もあるので充分気を付けておきましょう。

税率が0か極めて低い地域にペーパーカンパニーを置く以外にも、実際に移住すると言う選択肢もあります。

投資をしている人にとってはタックスヘイブンは現実的にあり得る選択肢であり、あなた自身の生活がより良いものになる選択肢として検討してみて下さい!