ニュース

コロナショックはいつまで続く?日経平均2万円割れ

新型コロナウィルスの感染拡大が世界的に広がり金融市場や証券市場などの世界景気を司る負の連鎖が起こっている。

日経平均株価では20,000円を下回るところまで落ち込んでいます。頃の感染者の増加率が少しずつ減少傾向になってきてはいるので今後マーケット自体も順次回復してくると思われますかこの動向には注意が必要です。

今回は「コロナショックはいつまで続く?」等についてご紹介していきたいと思います。

コロナウィルスの動向について

 

日本国内でのコロナウィルスの感染者が1000人を超え世界的大問題に発展している今回の騒動ですが小中高と学校が休校したり今までに経験したことがないような事態になっているかと思います。

大規模なイベント等については安倍首相からも自粛要請等を継続するような発言があり今後も急速な感染拡大を回避するための方策として経済活動などが落ち込まないようにする措置等を実施予定としています。

日本国内では他国に比べると莫大な感染拡大には至ってはいないが日本国内としてはこれ以上急速な感染拡大を回避することが非常に大事な時期に差し掛かっていると言う専門家の会見内容でした。

この会見を踏まえ、臨時休校に伴って仕事を休まざるをえなくなっている保護者などに対しての助成金創設や個人事業主や中小・小規模事業者を対象に実質的に無利子無担保での融資を行うなどし資金繰り支援などを行っていくと言う発言が出ています。

コロナウィルスの第二弾の緊急対応策について

 

先日の第一弾の緊急対策を経て10日前後経った昨日に第二弾の緊急対応策について政府からの見解がありました。

大阪のライブ会場等でもあったクラスターと呼ばれる集団感染の発生をセグために今後も継続し大規模なイベント自粛要請や小中学校などの臨時急行の措置を踏まえて保育所や介護施設等での消毒液の購入など必要な費用を補填するほか品薄状態が続く益子については国民生活安定緊急措置法を適用しインターネットを含め転売を禁止するなどとしている。

その他にも学校臨時休校に伴い仕事休まざるをえなくなった保護者に対しての有給休暇と同額の賃金を支払う企業に8330円を上限に助成する新たな制度を設けて業務委託を受けて働くフリーランスにも1日あたり4100円の定額支援するとしています。

その他にもコロナウィルスの感染が急速に広がるイタリアなどに滞在力のある外国人を対象に入局を拒否する措置を3月11日から新たに実施する予定となっています。

コロナウィルスの収束の見込みに対して

 

コロナウィルスの収束に関しては感染が拡大し収束の見込みが立たない状況と言う報道がされています。

現場コロナウィルス感染症対策専門家による様々な会見がありこれらのことをまとめてみましたので参考にしてみてください。

これまでのコロナウィルスの症状から見て症状が軽い人も気がつかないうちに感染拡大に重要な役割を果たししてしまっていることが考えられています。

そして若年層の10代20代30代はコロナウィルスの重症化する割合が非常に低く100年理想の症状の軽い人が中高年層に感染させそこから感染拡大に深刻な感染拡大に及んでいると考えられています。

そして小中学校の臨時休校などに伴いウィルス感染対策専門家や政府が共に狙っていることがコロナウィルスの重症化をしない症状の軽い若年層が集団感染などをしないようになるべく人と人との接触を最大限に避け感染の連鎖を断ち切ることができるようにしたいと言うことです。

まとめ

 

政府からの会見の内容はあくまでも現時点の会見であり変更される可能性などもあります。

水際対策として行ってきた入国に対する対応や臨時急行等の措置大規模なイベントに介する自粛要請等も含めて多くの経済的な打撃を被っている企業なども多くありますがコロナウィルスの感染拡大防止と言う観点に対しての成果は着実に成果を見せてきているのではないかなと思われます。

政府としてもかなり厳しい判断を余儀なくされた今回のコロナウィルス騒動及びコロナショックに対して今後も引き続き経済支援や必要な措置に対して可能な限り対応してくれるかと思います。

ですが今回の対応については今後の道のウィルス発見等の際にも生きてくる太陽であったのではないかなと思います。

コロナウィルスの収束については夏以降に収束してくるのではないかと言う噂話もあるようですがまだ見込み自体は立っていない状況です。政府としてはある程度の収束見込み自体はわかっているはずではありますがまだ収束に対しての具体的なめどについては現時点ではっきりしたところは分かっていません。

経済打撃を受けた企業や金融業界及び社会全体の早急な回復を祈るとともに心心を落ちつかせて冷静に判断対応していく事が当面重要であり基本スタンスとして考えていくことが無難だと思われます。