個人投資

勝てない個人投資家でも勝てる道と負ける理由

資産運用必要不可欠な時代に投資と投機の違いをしっかり把握して資産運用をしていく必要性はますます高くなってきました。

投資手法については投資対象や投資スタイルなどによってたくさんのやり方やスタイルが存在しています。

既に投資をしている投資家の方もいるかと思いますが改めてして欲しいことも含めてご紹介していきますので参考にしてください。

 

個人投資家として勝つ3つの大原則について

 

個人投資家が生き残る道は存在しています。

機関投資家と同じ土俵で、弱者という位置づけを忘れないように戦っていくことが大事なのでこの3つのルールを守って投資で成功できるマインドを持って挑むようしてみましょう♪

 

個人投資家の大原則1 どんな時も相場が正しい

 

私も個人投資家ですが、 為替投資や為替投資・仮想通貨や貴金属投資なども行なっています。

世の中にはいろいろな立場やさまざまな投資家の方が存在しています。その中で正しいと思う情報をもとに投資して行くのですか最後は自己判断の自己責任で行うことになります。

個人投資家であろうと相場の世界に足を踏み入れた以上はプロの投資家と同じ土俵で戦うことになり、全ては相場が正しかったということになります。

正しいと思う情報をもとに自分で調査し精査判断し行動していくことが生き残る道でもあり勝つための道でもあります。

 

個人投資家の大原則2 投資は全て自己責任

 

どのような情報を調理して、どのような投資判断をしていくか。絶対という言葉は存在しない世界なので一つずつ確実に判断していくようにしましょう。

ある程度投資経験を積んでくると自身を過信してしまう時があるかと思います。

そういう時にも投資の世界では絶対は存在しないということコツコツ積み上げてきたものも短時間でなくなってしまうという事実も忘れないようにしてください。

 

個人投資家の大原則3 機械的な投資判断をする

 

使用する上で一番大切なことが自分の感情をしっかりコントロールするということです。

損切りが出来なかったり利益確定ができなかったり、、、いざ自分のお金を投資するとなかなかその判断を下すことができないものです。

常に何かに投資をしていないと駄目なポジション病にかからないようにしましょう。

最近では機械的な判断ができるさまざまなツールが存在しています。

最適な判断をすることが難しい方はこのようなツールもうまく活用して冷静かつ沈着な判断ができるようにしましょう。

 

まとめ

 

「投資は勝敗のトータルで利益を上げること」

 

1回の投資で一喜一憂せずに、総合的に勝つということを忘れないようにしておきましょう。どんな投資のプロでも、百戦錬磨の投資家というのは存在しないのです。

「負けは小さく価値は大きく」が理想ですが、「負けは小さく利益確定はほどほどに」が現実的な判断となってきます。

欲が出てきたら機械的な判断が必要だと思った時は、自分の感情で 投資してしまっている時なので冷静になり機械的な判断をするようにしましょう。

個人投資家の生きる道は「負けましに確定はほどほどに」をモットーに利益を積み重ねていって下さい。