個人投資

2020年のコロナウイルス影響による原油の今後の見通し

新型コロナウィルスの影響により世界的に株価の下落や仮想通貨の下落が起こっています。

本来有事の際には強い資産と言われている金や燃料農作物においても今回は下落が続いていました。

このような現状も踏まえて今回は、気になる「コロナウィルスの影響による原油の今後の見通し」等についてお伝えしていきたいと思います。

新たな政策の打ち出しによる全面的な市場回復のトレンドになりつつありますが慎重に状況判断していきましょう!

 

FRBによる国債等買い入れ

 

2020年3月24日にアメリカの中央銀行に当たるFRB(連邦準備制度理事会)は臨時会合で、資金大量供給する量的緩和策を無制限に行う方針を発表したことを受け、

コロナウィルスにより下落の一方たどっていた市場経済も上向きのトレンドに動いてきています。

リーマンショックの教訓を生かした例の政策により、アメリカ経済が深刻な経済危機、及び雇用や収入等の市民が直面する問題に対して官民を挙げて取り組む動きを見せています。

動揺する金融市場の危機的状況を防ぐキッカケになることへの期待が金融市場にも広がっています。

下落していた原油先物も少しずつ価格が上がってきているので今後の動向を注視しておきたいところです。

 

商品先物取引市場の価格が下がった理由は?

 

本来有事の際に価格が上がる資産の商品先物が2020年3月から大きく値下がりをしていました。

コロナウィルスによる影響でもありますがどのような状況に傾くかわからない金融市場よりも、手元に確実な現金をストックしておきたいと言う法定通貨の確保の需要が広がったと言う見通しの方が高いと考えられます。

これらの影響で株為替商品仮想通貨など様々な投資対象となる市場で多くの値下がりが広がってたといえます。

2020年の商品先物の見通しはコロナウィルスによる影響で収束が見えない現状で、需要の変化が大きくなることが予想されます。

いずれにしてもコロナウィルスの収束のめどが立たなければ値動きはどうしても重たくなる可能性が高くなりそうです。

 

まとめ

 

今回はコロナウィルスの影響による原油の今後の見通し等についてお伝えしてきました。

世界的にコロナウィルスの感染者が増加する一方商品先物市場も同様が続き異例の政策なども打ち出しながら金融危機に陥るのを防ぐことができるよう期待がかかっている状況ではあります。

不安定な金融市場が続く中で商品先物市場もこれまでに見たことがない値動きをする可能性もありますので投資家のみなさんは慎重に状況判断していきましょう。