ニュース

バークシャーハサウェイが三菱・伊藤忠・住友商事・丸紅・三井物産株5%超取得

アメリカの著名投資家ウォーレンバフェットが会長を務めるバークシャーハサウェイか日本の大手商社5社の株式をそれぞれ5%以上取得していることを発表しています。

大手商社5社の銘柄は以下のようになります。

  1. 伊藤忠商事8001
  2. 丸紅8002
  3. 三菱商事8058
  4. 三井物産8031
  5. 住友商事8053

以上の大手商社5社の銘柄をそれぞれ5%以上取得していますが、相場の価格次第では9.9%を上限に買い増しする方針も発表されておりウォーレンバフェット氏の投資手法である長期保有にによる投資で市場の活性化が期待されています。

日本の大手商社5社が投資銘柄の対象になった理由として、コロナウイルスによる世界的な恐慌の中でも利益を出していく経営体制が強化され資金投下されたとのことです。

日本の大手商社は総合的に見ても堅実な企業でありますが、海外投資家から評価は低く投資対象にはなりにくい銘柄だったこともあり今後の海外投資家からの資金流入も期待できるため注目を集めています。

三菱商事と住友商事の株式年間配当利回りが現状5%を上回っている状態で、個人投資家からの人気も高まっています♪

ウォーレンバフェット氏の今回の投資により、日本国内の投資家からの資金流入を期待できるだけではなく海外資金の流入も期待できるため大手商社5社の今後の取組に注目が集まりそうです。